カテゴリー別アーカイブ: 論文・発表情報

論文や学会発表などのお知らせ

[学会発表] 言語処理学会第22回年次大会

2016年3月7日〜3月11日に東北大学で開催される言語処理学会第22回年次大会(NLP2016)で,藤江准教授が関わった研究に関して4件発表があります.

  • 高津弘明,福岡維新,藤江真也,林 良彦,小林哲則,”快適な情報享受を可能とする音声対話システム”
  • 高津弘明,福岡維新,藤江真也,林 良彦,小林哲則,”会話によるニュース記事伝達のための情報選択”
  • 高津弘明,福岡維新,藤江真也,林 良彦,小林哲則,”会話によるニュース記事伝達のための口語化における述語の書き換え”
  • 木村直登,藤江真也,小林哲則,”多人数会話における発話タイミング検出のためのムーブの推定”

[学会発表] 日本音響学会2016年春季研究発表会

2016年3月9日〜11日に桐蔭横浜大学で開催される日本音響学会2016年春季研究発表会で,藤江研究室4年生の山崎敦也君が発表します.

山崎敦也,藤江真也,”雑談会話における音韻・韻律情報を用いた聞き手の発話タイミングの検出”

[学会発表] CHIIR 2016

2016年3月12日〜17日にアメリカ合衆国ノースキャロライナで開催されるコンピュータ・ヒューマン・インタラクションと情報検索に関する国際会議,ACM SIGIR Conference on Human Information Interaction and Retrieval (CHIIR 2016)で,藤江准教授が発表します.

S. Fujie, I. Fukuoka, A. Mugita, H. Takatsu, Y. Hayashi, and T. Kobayashi, “A Spoken Dialog System for Coordinating Information Consumption and Exploration”

[TV取材] 3sat ドイツテレビ協会の取材を受けました

3sat ドイツテレビ協会ZDFの番組「Makro」のサービスロボット特集の取材を受けました.SCHEMAのデモの他,藤江准教授がサービスロボットについてインタビューを受けています.

ZDF1 ZDF2

放映内容はインターネットでも確認できます.
“Roboter auf dem Vormarsch”
http://www.3sat.de/makro/

[学会発表] 第6回対話システムシンポジウム

10月29日,30日に早稲田大学で開催される第6回対話システムシンポジウムにて,藤江准教授が関わった音声会話ロボットのデモンストレーションが行われます.

赤川優斗,福岡維新,一宮健介,木村直登,藤江真也,小林哲則,”多人数会話における質疑応答と会話のファシリテーションを行う会話ロボット”

 

[学会発表] 日本音響学会2015年秋季研究発表会

9月16日〜18日に会津大学で開催される日本音響学会2015年秋季研究発表会にて,藤江准教授が発表します.

藤江真也,福岡維新,麥田愛純,高津弘明,林良彦,小林哲則,”聞き手の反応を考慮した発話計画を用いた音声対話システム”

 

[学会発表] 第74回 言語・音声理解と対話処理研究会

7月末に千葉大学で開催される人工知能学会第74回言語・音声と対話処理研究会(SIG-SLUD)にて,藤江准教授が発表します.

藤江真也,福岡維新,麥田愛純,高津弘明,林良彦,小林哲則,”効率的な情報伝達を指向した音声対話システムの提案”

[学会発表] 人工知能学会全国大会

5月末に函館で開催される人工知能学会全国大会にて,藤江准教授が共著者の発表が行われます.藤江准教授は,オーガナイズドセッション「知的対話システム」のオーガナイザの1人でもあります.

福岡 維新, 麥田 愛純, 高津 弘明, 藤江 真也, 林 良彦, 小林 哲則, “漸増的な情報補完機能を有する音声対話システム,” 人工知能学会全国大会, 2L4-OS-07a, May 2015.

[論文] Computer Speech & Language

藤江准教授共著の以下の論文が,オンラインで公開されました(発行は9月になる予定).4人会話における会話ロボットの振る舞いに関する論文です.

Y. Matsuyama, I. Akiba, S. Fujie, and T. Kobayashi, “Four-participant group conversation: A facilitation robot controlling engagement density as the fourth participant,” Computer Speech & Language, vol. 33, no. 1, pp. 1-24, Sept. 2015. [DOI]

[論文] IEEE/ACM Trans. Audio, Speech, and Language Processing

藤江准教授共著の以下の論文が発行されました.会話ロボットの発話内容の生成に関する論文です.

Y. Matsuyama, A. Saito, S. Fujie, and T. Kobayashi, “Automatic expressive opinion sentence generation for enjoyable conversational systems,” IEEE/ACM Transactions on Audio, Speech, and Language Processing, vol. 23, no. 2, pp. 313-326, Feb. 2015. [DOI]